【TOEIC無料】キャビンアテンダント養成コース|受講者の感想付

SSLC-CACCT

SSLCのキャビンアテンダントコース(CACCT)とは?

SSLCのCACCTは航空業界で人気の職種、キャビンクルーとしてのコミュニケーションを学ぶトレーニングコースです。

ESLと合わせて受講の場合は午前中に英語学習、午後は CACCTにてキャビンクルーとしての基礎知識や接客、航空機の仕組み、クルー間でのコミュニケーションから 安全対策まで幅広い内容をについて学ぶことで、短期間で英語力とキャビンクルーとして必要な知識、接客能力、コミュニケーション力を身に着けられます。

将来、旅行関係や航空関係、空港などでの就職を希望する方にはもちろん、カスタマーサービスで働く上での基本的なコミュニケーションスキル、履歴書添削、面接対策等の授業もあるので、航空関連以外のカスタマーサービス系の職業全般を目指す方にもとってもおすすめのコースです。

また、クラスは少人数制ですので、一人ひとりにきちんと目が配られるクラスで学びたい方にもおすすめです!

SSLC-CACCT-2

CACCTの特徴、トピック、ポイント

【特徴】

✓ 最短4週間からの受講が可能
✓ 質の高いコミュニケーション力の習得
✓ 短期間でキャビンクルーとしての業務や知識、接客など実践に役立つ内容をカバー
✓ 乗客・クルー同士のコミュニケーションや安全対策の手順まで幅広い内容をカバー

【トピック】

✓ プロとしてのキャビンクルーとは
✓ キャビンクルーになるためには
✓ キャビンクルーになるための面接準備
✓ 航空業界のカスタマーサービス
✓ 航空業界入門
✓ 航空機入門
✓ 安全と緊急時対処法

【ポイント】

✓ TOEIC放課後セミナー
✓ TOEIC IPテスト受験1回無料
✓ フィールドトリップ(ピアソン空港見学)

SSLC CACCT

CACCT 開講日、開講時間

日程:2019 812日〜 8週間

時間:13:00~15:00
パートタイムのクラスなので、現在お仕事をされている方も気軽に受講可能です!

CACCT 受講時のスケジュール

9:00〜12:00総合英語
12:00〜13:00お昼休み
13:00〜15:00CACCT
15:00〜16:00無料選択クラスまたはアクティビティー

CACCT 入学基準

TOEFL iBT 45-46点、TOEIC550点、IELTS4.5点、ESL SFレベル4以上、SCレベル7以上

CACCT 料金

CACCTのみ 4週間 のお申込み:$820

※TOEIC IP公式テスト1回無料

ESL+CACCT 4週間 のお申込み:$1,660

※TOEIC IP 公式テスト1回無料
※時間はESL 9:00〜12:00 CACCT 13:00~15:00となります

CACCTのみ 8週間 のお申込み:$1,280

※TOEIC IP公式テスト1回無料

ESL+CACCT 8週間 のお申込み:$2,300

※TOEIC IP公式テスト1回無料
※時間はESL 9:00〜12:00 CACCT 13:00~15:00となります

CACCT 受講者の感想

トロント校 Uさん
航空会社への就職で必須なTOEICの点数も上げました!私は、キャビンアテンダントを目指しているので、航空業界についての専門的な知識や、専門用語を学ぶことができるCACCTコースの受講を決めました!

通常のESLではあまり学ぶことのない単語(例えば急病人の救急を学習をした際には、病名、内臓の名称等)を学ぶこともできましたし、英語でアナウンスの練習をした内容は、普段の生活での会話にも応用できました。また、履歴書の書き方や面接の対策もできるため、就職活動の準備もすることが出来たので自信がつきました。

座学だけでなく、授業内でエミレーツ航空の制服や帽子を被らせてもらったり、シートベルトや酸素マスク着用のアナウンスを実物を使ってデモンストレーションしたり、空港見学に行き、実際にフライトアテンダントとコミュニケーションをとる等、様々な実体験をすることのできる授業で楽しく学習でき、モチベーションも上がりました。

放課後にはTOEICの対策クラスに参加し、日本出国前の点数から1ヶ月で約100点、点数が上がりました!

学校で月1回TOEICIPテストを受験し、自分の英語スキルの経過を確認することができます。日本の航空会社にはTOEIC点数が必須で、帰国後の就職活動にも役に立つのでSSLCで勉強出来て良かったです。

トロント校 Sさん
航空会社の新入社員研修ような内容を学ぶことができました!私はグランドスタッフを目指しているので航空専門学校に日本で通っていますが、英語力に更に磨きをかけるため、留学を決意しました!

キャビンクルーのコースでは、面接対策、履歴書作成など、キャビンクルーになるまでのことを学んだ後、実際に航空会社が新入社員にレクチャーする内容を基にした授業が行われました。

例えば空港、都市名の3レターコード、航空会社の2レターコードや機体について、時差計算やなど幅広く学べました。客室乗務員として一番大切な保安についてや、シートベルトや酸素マスクを実際に使って学ぶこともできました。

また、プレゼンテーションもする機会があり、たくさん調べて知識がつき、とても楽しかったです。もちろんスライドも発表も全て英語なので、話す力、またクラスメートの発表を聞くことで聞く力にも影響して、とても効率がいいと感じました。

私はCACCTコースで日常会話だけでなく、仕事で支障なく英語が使えるよう、更にモチベーションを高く授業を受講するようになりました。

SSLCでは放課後に無料のTOEIC対策クラスもあり、さらに毎月TOEICIPテストを受験できるので、帰国後すぐに就職活動を始めることができ、とても効率的で、勉強しやすい環境でした。

航空関係を目指す方にはCACCTコースとTOEICオプション大きいと思うので、ぜひ多くの人にお勧めしたいです。

トロント校 S.N さん
世界中の同じ目標を持つ仲間と学ぶことができたことは貴重な経験でした!多くの文化、背景、そして同じ志を持つクラスメイトとSSLCで学ぶことができたことは、私にとって 大変貴重な経験でした。

将来は英語を使って日本と世界を繋ぐような仕事がしたいと思っていました。中でも世界中の方々の旅先での笑顔に繋がる客室乗務員の仕事に心惹かれ、この度、大手航空会社2社から、内定を頂くことができました!

日本人アドバイザーのshokoさんの明るく温かい対応にも大変魅力を感じ受講を決意しました。

サービスやホスピタリティを学ぶ授業ではクラスメイトとディスカッションを通して、改めて国によってお客さまの捉え方が違うということを痛感しました。サービスをする上で日本では「お客さまとは神様」、韓国では「お客さまとは王様」カナダや欧米では「お客さまと働き手は常に対等な関係」のように、国によってお客さまの捉え方が違う一方で、相手に興味を持って「人が好き」というその精神がホ スピタリティでは大切だと改めて考えることができました。

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて世界中から多くの方々が来日することとなると思いますが、そうした中でもここで学んだお客さまの概念や会話を楽しむことの大切さを忘れずに、精進していきたいと思います。

授業はアットホームな雰囲気でディスカッションをすることが出来ましたし、何より先生にわからないことを質問した際にはいつも親身になって答えて下さったので、大変感謝しています。

今後、働く中で大変なことも沢山あるも思いますが、ここでの学びを胸に頑張っていきたいと思います。

トロント校 Cさん
空港に見学に行き、新たな発見もできました!私は将来の夢が航空職に就くことだったので、トロントに来て英語を学びながら航空英語を学びたいと考えていたところ、CACCT(キャビンクルークラス)という航空業界に関するクラスがSSLCにあると聞いて、この学校を選びました。

毎日二ヶ月間英語でキャビンクルーの勉強ができるのは、私にとってとても貴重な体験になりました。英語を使いながら、様々な国籍の、キャビンアテンダント、グランドスタッフ、パイロット等様々な目標を持ったクラスメートとのグループワークで意見交換をしていくことは、日本ではできないことだと思います。

授業の中では専門用語から緊急時時の対処法、また履歴書の書き方や擬似面接などがあります。先生と生徒の距離も近く、勉強がしやすいと言うのもこの学校を選んでよかったと思う理由の1つです。

教室の中だけで学ぶのではなく、空港を見学することによって、日本の空港との違いを見つけることができましたし、先生から実物を見ながら、機体の説明や器具の名前を教えてもらうこともできました。モノレールにも実際乗ることができ、とても良い経験と充実した時間を過ごすことができました。

私にとってこのコースを選んだことは将来へのモチベーションにもなりましたし、カナダでの素敵な思い出にもなりました。

トロントにいて、少しでも航空業界に興味のある方がいれば、このクラスをお勧めします。

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください!カウンセリング、ご相談、お申込手続きは全て無料です。お問合せはこちら