海外の本格的なチーズ製造を英語で学ぶなら、カナダ・オンタリオ!

cheese

乳製品が大好きなカナダ

ヨーグルトの一人あたりの消費量が世界第3位とも言われているカナダでは、乳製品の生産も盛んです。チーズについてもカナダ人一人あたりの年間消費量が13.79キロ日本の5倍、日本は2.66キロ)と多く、そのほとんどを国内生産でまかなっています。

輸出量より国内消費が多いですが、豊かなチーズ産業を誇っており、1000種類以上のチーズ(牛、ヤギ、エヴェ、水牛)が作られています。そしてこれらの多くがその品質と味を世界中で認められています。

英語を学ぶ留学先として有名なカナダで、チーズ作りを英語で、しっかり学んでみませんか?

プロフェッショナル・チーズ製造プログラム

1967年創立、フルタイムの生徒数は16,500名(全キャンパス合計)という大きなカレッジであるConestogaは、65%の生徒がオンタリオ州内で就職している地域貢献型の学校です。

そんなConestogaに新設されるのが、今回ご紹介するプロフェッショナル・チーズ製造プログラムです。

期間:1年間(オンタリオ州カレッジサーティフィケーションプログラム)
開始:2019年9月 締切:次回は2020年9月開講
場所:Waterlooキャンパス
初年度定員:24名
入学要件:
・IELTS6.0(バンドスコア5.5以上)、またはConestogaと定形している語学学校のパスウェイコース卒業、またはConestogaの語学プログラムにおいてEASを取得
・高校の卒業証明と成績証明、およびパスポートのコピー

本プログラムはチーズ製造工程における科学と熟練技術を、生乳および低温殺菌理論、チーズ微生物学、凝固剤、乳凝メカニズム、スターターなどを細かく見ていきながら学びます。

理論を学ぶ座学、およびチーズ製造工程の実践や見学では、ラクティック、ハード、ソフト、伝統的チーズに焦点を当てます。

卒業後の進路:
本プログラムの卒業生は、食品および飲料加工における乳製品加工、およびミドルマネジメント、特にチーズ製造、評価、バイヤー、熟練職人による生産などの分野で、プロセス管理および運営のポジションに適格となります。

海外のチーズ製造にご興味のある方、今後そうしたキャリアに進みたい方向けの専門コースはかなり珍しいですので、ご興味のある方はぜひご応募ください。
※定員が少ないため、お早めにご準備ください!

ご相談、お見積り、お申込み手続き、プログラム開始前後のご質問等、すべて無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。
お問合せはこちら